MISIA

長崎県出身。1998年、シングル『つつみ込むように…』でデビュー。グルーヴィーで圧倒的な歌唱は、クラブシーンにおいてもメジャーシーンにおいても、その登場から衝撃を持って迎えられた。2000年、テレビドラマ『やまとなでしこ』主題歌の「Everything」が250万枚を超える大ヒットとなり、国民的人気歌手としての地位を不動のものとする。

ライブにおいても数々の記録を樹立している。2004年には、女性ソロ・アーティストとして日本初の5大ドームツアー完全制覇を達成するなど、デビューから現在まで累計で300万人以上の観客動員を記録。

また、社会貢献活動にも積極的で、その知性と行動力、そしてメッセージが注目を集めている。2020年に入り、コロナ禍の中でも精力的に活動し、ライブハウス支援のライブを行ったり、さらには医療従事者支援ライヴ、自身初となるクリスマス・チャリティ・アルバムをリリースし、スペシャルオリンピックスへのサポートに尽力するなど、音楽活動と社会貢献活動を見事にシンクロさせているその姿は、あらゆる世代の男女から共感を集めている。

第71回NHK紅白歌合戦では、自身初の大トリを務め、音楽のチカラと感動を届けた印象的なパフォーマンスはSNSなどを通じて拡散し、瞬く間に日本中の話題となった。

MISIA

Born and raised in Nagasaki Prefecture, MISIA made her debut in 1998 with her single, “Tsutsumikomu Youni.” Her soulful and stirring vocals took both the independent club scene and mainstream audience by storm.

In the year 2000, “Everything,” the theme song of the TV drama, “Yamato Nadeshiko,” sold over 2.5 million copies, becoming a huge hit, launching MISIA onto the national stardom. Her live concerts have also set countless records. In 2004 she became Japan’s first female solo artist to perform in all five major Japanese stadiums, mobilizing more than 3 million spectators over the course of her career.

MISIA is also active as a philanthropist. Her passion, drive and message have attracted national attention. In 2020, in the midst of the coronavirus pandemic, MISIA continued performing live in support of local music clubs and health care workers. She released her first Christmas charity album in support of the Special Olympics, balancing musical and philanthropic contributions and bringing together a diverse audience of all ages.

At NHK’s 2020 Kouhaku Utagassen, MISIA was chosen to perform for the grand finale for the first time in her life. Her powerful and moving performance spread across Japanese social media and instantly became a trendy topic across the country.

MISIA(米希亚)

出身于长崎县,1998年以单曲『深情包围…(つつみ込むように…)』出道。以富有律动感与压倒性的歌唱能力,让无论是 CLUB 文化与主流音乐文化都因她的登场迎来冲击。2000年时以日剧『大和拜金女(やまとなでしこ)』的主题曲“Everything”突破250万张的销售纪录一炮而红,一跃成为日本全国当红人气歌手无法动摇的地位。

在演唱会上也树立了多项记录。2004年达成日本史上第一次女性单独艺人的五大巨蛋巡回完全制霸的纪录,出道至今演唱会累计动员了 300 万以上的入场观看人次。

另一方面,也积极于社会公益活动,那份精神与行动力以及给予世人的讯息也备受瞩目。进入2020年后,在新冠肺炎的灾祸之中也投入了许多心力,无论是为了 Live House 表演场地的支援演出,到为了支持医疗工作人员的演出,甚至发表了个人首次圣诞慈善专辑,竭尽心力支援特殊奥运(Special Olympics)等等,将音乐活动与社会贡献活动完美连结的行动,得到了所有世代的男女的共鸣。

在日本第 71 回 NHK 红白歌合战中,首次担纲总压轴演出,用音乐的力量与感动人心令人印象深刻的演出,透过社群媒体扩散开来,瞬间在日本中引起莫大的话题。

MISIA(米希亞)

出身於長崎縣,1998年以單曲『深情包圍…(つつみ込むように…)』出道。以富有律動感與壓倒性的歌唱能力,讓無論是 CLUB 文化與主流音樂文化都因她的登場迎來衝擊。2000年時以日劇『大和拜金女(やまとなでしこ)』的主題曲「Everything」突破250萬張的銷售紀錄一砲而紅,一躍成為日本全國當紅人氣歌手無法動搖的地位。

在演唱會上也樹立了多項記錄。2004年達成日本史上第一次女性單獨藝人的五大巨蛋巡迴完全制霸的紀錄,出道至今演唱會累計動員了 300 萬以上的入場觀看人次。

另一方面,也積極於社會公益活動,那份精神與行動力以及給予世人的訊息也備受矚目。進入2020年後,在新冠肺炎的災禍之中也投入了許多心力,無論是為了 Live House 表演場地的支援演出,到為了支持醫療工作人員的演出,甚至發表了個人首次聖誕慈善專輯,竭盡心力支援特殊奧運(Special Olympics)等等,將音樂活動與社會貢獻活動完美連結的行動,得到了所有世代的男女的共鳴。

在日本第 71 回 NHK 紅白歌合戰中,首次擔綱總壓軸演出,用音樂的力量與感動人心令人印象深刻的演出,透過社群媒體擴散開來,瞬間在日本中引起莫大的話題。