WESS キョードー西日本 ディスクガレージ ディスクガレージ DUKE さぬき市野外音楽広場テアトロン 河口湖ステラシアター 河口湖ステラシアター 稲佐山公園野外ステージ 札幌芸術の森 野外ステージ 中城城跡 野外特設ステージ SAP PM AGENCY

ステージにところ狭しと並べられたキャンドルの中、ベースの音で始まりコーラスから広がったコール&レスポンスに導かれ登場したMISIA。オープニングからの1曲目は、カヴァーアルバム『MISIAの森』に収録されたマーヴィン・ゲイの「Mercy Mercy Me」。白一色の衣装がキャンドルの灯と一緒に揺らめいていて綺麗。「今回はかなり久しぶりの曲もたくさん歌います」との言葉通り、ライヴで歌うのは約5年ぶりだという「Chandelier」。
バンド紹介後に披露されたのは、マイケル・ジャクソンの名曲「Heal The World」。世界を癒してみんながもっと居心地のいい場所にしていこう、というメッセージが込められたこの歌はCandle Nightの趣旨にふさわしい。

コーラスが華やかに響く「百年愛」を熱唱したあとは再びMCタイムへ。MISIAの手元のキャンドルが消えるアクシデントも、「ちょっと取り替えちゃおうかな?」と足元のキャンドルと取り換えるおちゃめな一面で会場中の笑顔を誘っていた。ギターとピアノとのアコースティックver.の「ALWAYS」披露。 続いて「飛び方を忘れた小さな鳥」。この歌詞は以前にCM撮影でオーストラリアに向かう途中、飛行機の上から見えた南半球の美しい夜明けの景色にインスピレーションを受け書いたというものだが、バイオリンの音色と澄んだMISIAの歌声が、夜空に吸い込まれて行くようだった。

そしてMISIAのライヴでは初の試みとなったキャンドルリレー。灯火を分かち合う事で会場は一つになり、とても温かな空間を作り出した。無数のキャンドルが揺れる中Charaさんより提供された楽曲「Mama Says」がしっとりと歌い上げられ、続く「唇と唇」では、その荘厳な雰囲気に息をのむほど。そこへMCを挟んで「The Rose」での、ガールズコーラスとのコラボレーション。4人の美しい歌声が生み出すハーモニー、そしてクライマックスでのアカペラに心が奪われた人も多かったのではないだろうか。個人的には、その後10年ぶりに歌ったというムーディーなピアノとヴァイオリンの音で始まった「Nocturne」で、完全にノックアウトされた(笑)

「NHKドラマ『はつ恋』の打ち上げに参加させていただいたんですよ」というMISIA。ドラマの打ち上げにお邪魔するのは初めてだったというMISIAは、「出演者もスタッフも関係ない和気あいあいとした雰囲気に驚いた」とのこぼれ話から「恋は終わらないずっと」のスタンダードヴァージョンを披露。 一つ一つ言葉を置くように丁寧に歌われた「時をとめて」、「果てなく続くストーリー」のアコースティックヴァージョンでは、会場中からため息がこぼれていた。
言葉少なくこめた想いを語り歌われたのは「明日へ」。ピアノと4人のストリングスだけのシンプルなアレンジにのったMISIAの歌声が、夏の夜空にどこまでもどこまでも響いていくようだった。

神聖な雰囲気の中、「THE GLORY DAY」はいつもよりぐっとソウルフルに始まった。教えを説く牧師のように、MISIAがその歌声でその場の全てを導いていく。最後は膝をつくほど歌いきったMISIAに惜しみない拍手が止むことはなかった。そして、MISIAとキーボードの重実さんを残しバンドメンバーが退場。始まったのは「STAY GOLD」。Candle Nightの締めくくりにふさわしくシンプルでしっとりとした音を聴きながら、今夜の事はきっと私たちの心の中にずっと輝き続けるのだろうと思った。ピアノの音色がなり止むと同時にキャンドルを吹き消したMISIA。それにならい、客席からは順々に灯りが消えていく。「Candleを吹き消すことは、そこに願いを込めること」サポーターズの皆さんやMISIAの願いは、きっと星空まで届いたことだろう。



From MISIA

初の試みとなったMSA Presents Candle Night。初めてのことばかりでしたが、幻想的で美しい夜となりました。会場がキャンドルの光で満たされた時には、もう胸がいっぱいになるほどで・・・。

“Candle Night”は、カナダでの節電運動が始まり。電気を消して、 ゆっくり話をしたり、音楽を聴いたりして、考える場を作ったり、 語り合う場を作ったり、自分が知っている事、知らない事に思いを馳せる。それがキャンドルナイト。

なのでライヴも、いつもより多くMCをはさみ、ゆったりとした形で お送りしました。選曲もMUSIC AWARDとはがらりと変えて「ああ、この曲歌いたかった」、「ああこの曲は今こそ歌いたい」、というような久しぶりの曲を多く。15年分の歌、どれも歌いたい。幸せな悩みです。

また、キャンドルを作り送ってくださった皆さん、ありがとうございました。
とっても美しく、感動しました!

子どもの頃から、電気にはお世話になってますけど、こうやってたまにちょっと電気を減らして過ごす事も良いですよね。Candle Nightが出来る会場は限られていると思いますが、またいつかやれたら良いな。。。と願っています。

昨年、大好評を博した “MISIA candle Night”が今年はバージョンアップして帰ってきた。会場は、これまでMISIAの数々の伝説ライヴが行われてきた “河口湖ステラシアター”。現在進行中の“星空のライヴⅦ”にコーラスとして参加しているHanahSpringと澤田かおりがメイン・パフォーマーとして加わって。“Misia candle Night Fes.” として開催されることになった。さて今回は、どんな伝説が生まれるのだろう。
会場の入り口で入場するオーディエンスに一つずつ白いキャンドルが手渡される。
そのキャンドルを膝に乗せて待ちかねた観客の前にバンド・メンバーが立ち現れると、キャンドルを席に置いて全員が総立ちで迎える。Hanah Spring、澤田かおり、そしてMISIAがブラジリアン・リズムに乗って歌い出すと、バンドクラップがあっという間に広がった。まさに、一瞬にして“フェス”。満員の笑顔に囲まれて、三人の女性ボーカリストは本当に楽しそうにスタンド席を見上げる。フェスの成功は、もう約束されたも同然だった。
「“Misia candle Night Fes.”へようこそ。私たち3人で楽しくツアーをやらせていただいていて。ステージを降りても、歌ってしゃべって笑っています。この3人を“星空のシスターズ”って呼んでいるんですよ。今夜はラヴ&ピースな夜にしますので。楽しんでいって下さい。トップバッターは、シスターズの長女、Hanah Springです。」とMISIAが紹介をして、フェスが始まった。
「去年、私はこのステラシアターでコーラスをやらせてもらいました。そして今年は1年かけて“10メートル前”に来てしまいました」とHanah Springが歓びを会場に伝えて、「IN THE SUN」を歌い出す。ドラムのFUYUが刻むヘヴィーなリズムをしっかり受け止めて、リードするHanah Springのボーカルが見事だ。その実力にオーディエンスは驚きを隠さない。ツアーの合間を縫って作成されたニューアルバムからの曲を中心にしたステージは“濃い”のひと言。彼女のルーツであるジャズやR&Bのニュアンスをふんだんに盛り込んだパフォーマンスは、音楽好きのMISIAファンに強烈な印象を与えたのだった。
続いては澤田かおり。自らピアノを弾きながらオリジナルの「Eternal Lights」を歌い始めたその瞬間、オーディエンスの心をワシづかみにしたのだった。日本語詞が、とても斬新に響く。Hanah Springのライヴが洋楽的だったのに対して、澤田のそれはJ-popの王道と言える音楽制で好対照を見せる。これぞフェス!澤田はさらに持ち味を発揮する。「あなたは猫派?それとも犬派?」と観客に問いかけて歌った「ねこ」は猫に気持ちを描きながらラブソングに聞こえる秀作。シンガーソングライターとしての可能性の大きさを十分見せつけたライヴになった。 そうして、いよいよMISIAの登場だ。二人の傑出したシンガーを堪能したはずなのに、MISIAが歌い出した途端、この日、初めて歌声を聴いたように体中の血が騒ぐ。ステージに敷き詰められたキャンドルの光が、輝きを増す。気が付けばHanah Springと澤田かおりがコーラスを勤めていて、このフェスすべてのパーツが組合わさったのだった。ツアー中ならではMISIAの爆発的な声のパワーが、雲を押し分けて会場を星空に連れて行く。
「“Candle Night”は。電気を消してキャンドルの光の中でゆっくり話したりしようという、カナダで始まったエコ運動です」とキャンドル・リレーをスタートさせる。MISIAの手の中にあるキャンドルの火を最前列の観客に移して、さらにその火を隣合ったオーディエンス同士がつないでいく、すり鉢状になった客席を、下から上に徐々に揺れる炎が広がっていく光景は、言葉にならないくらい感動的だった。
「みなさん、振り返りましたか?このときだけはみんなをここに連れてきてあげたい」。ステージの上のMISIAの目には、空へと続く光の階段が映っているのだろう。そんな景色を伝えるように歌った「月」が、この日一番のバラードだった。
新曲「幸せをフォーエバー」で温かさを「The Rose」でこの世で最も贅沢なコーラスを届けたあと、鳴り止まぬ拍手に応えて、予想外のアンコールは「THE GLORY DAY」。
星空のシスターズのパワフルな掛け合いが、初のフェスを熱く締めくくったのだった。
平山雄一

メッセージを見る