BIO

MISIA

長崎県出身。その小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる日本を代表する女性歌手。

MISIAの名前の由来にもなった、”ASIAの方々にも音楽を届けたい”との想いの通り、日本国内にとどまらず、その歌声はASIAを越え世界でも賞賛の声を浴びる。1998年のデビュー曲「つつみ込むように・・・」は日本の音楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&Bの先駆者と言われる。その後発表された1stアルバム「Mother Father Brother Sister」は新人ながら、300万枚の異例のセールスを記録。

以降、「Everything」「逢いたくていま」等、R&Bというジャンルにとらわれず、バラードの女王の名も確立させた。その実力は日本国内のみならず、アジア強いては世界からも認められる。デビュー18年目を迎えてなお 、年々音楽に対する追求心はとどまることを知らず、世界を舞台に様々な作品を発表。

さらに彼女は2004年に、女性ソロアーティストとして初の5大ドームツアーを成功させた。その4年後には日本をはじめ、台湾・上海・シンガポール・韓国・香港の5都市を含むアジアアリーナツアーを敢行。2009年から2010年にかけて行われたロングツアーを含め累計250万人以上の観客を動員し、日本の音楽シーンに衝撃を与えたといっても過言ではない。

2013年から2014年にかけて行った15周年記念ツアーでは、台湾・香港・アジアを含むMISIA史上初の全77公演を実施。ますます磨きのかかったパフォーマンスを披露し、多くの人々に感動を与えた。デビュー20周年に向け、更なる精力的な活動が期待される。

【CSR活動】

音楽活動と同時に、社会貢献活動にも意欲的に取り組む。

「音楽とアート」の力で地球規模の課題解決に取り組む一般財団法人mudefの理事を務め、
アフリカの子どもたちの支援や、生物多様性の啓発といった活動に力を入れている。

その活動は世界規模で、2010年、国連事務総長より「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)名誉大使」に任命された。
また2013年には、第5回アフリカ開発会議(TICAD V)名誉大使に任命。「MAWARE MAWARE(feat. Doudou N’diaye Rose)」は同会議のテーマソングにもなった。

さらに、
2012年の第63回NHK紅白歌合戦に初出場した際には、アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠から中継で歌声を披露。
2015年の第66回NHK紅白歌合戦では、戦後70周年の節目に長崎県の平和公園の平和祈念像前で歌うなど、
世界の平和や子どもたちの未来のために積極的な活動を続けている。



MISIA

Born in Nagasaki Prefecture, Japan, the petite singer MISIA boasts a five-octave vocal range. Her powerful and soulful voice has made her Japan’s “Queen of Soul.”
Her music bears and fulfills the same wish as the original meaning of her name, MISIA -- “To deliver her music to everyone in Asia.”
Not only a success in Japan, her work has gained acclaim around the world over the years.

MISIA debuted with the song "つつみ込むように…" in 1998, making a significant impact on Japan’s music industry then. She was thus described as the pioneer of the country’s R&B music.
Her debut album “Mother Father Brother Sister” broke the record of the sales of the first album for a new artist in Japan, selling 300 million copies.
Since then, the world has heard more of MISIA’s wonderful songs like “Everything” and “逢いたくていま.” MISIA is dubbed the Queen of Ballads.
MISIA's fame has gone beyond Asia and her songs have reached the audience all over the world.

It has been 15 years since MISIA’s debut in the music world; her passion for music is growing stronger ever since, presenting her gifted talent on stages worldwide.

In 2004, she became Japan's first female singer who had staged her concerts in the country's top five "Domes."

From 2009 to 2010, she toured around Asia cities including Taiwan, Shanghai, Singapore, Korea and Hong Kong. MISIA's charm attracted 2.5 million audience during her two-year tour. It’s no exaggeration to say that MISIA's impact on Japan’s music industry is phenomenal.

In 2013 and 2014, MISIA toured around Asia destinations like Taiwan and Hong Kong again to celebrate her 15th anniversary in the industry.
MISIA has staged a total of 77 amazing concerts in that tour alone, presenting some of the most moving performances so far.
Now, MISIA is moving towards her 20th year in the music world and looking forward to embracing another year of musical adventure with her fans.



MISIA(米希亞)

1978年7月七日生於日本長崎縣。 身型嬌小的MISIA(米希亞)不僅擁有能跨越五個八度的寬廣音域,而其渾厚的歌聲和驚人的肺活量也讓她成為日本歌手界中的「騷靈女王」。

她的音樂實現了其名字 - MISIA -本意所包含的期許:「希望能把音樂傳揚到亞洲的每一個角落」。不侷限在日本,她的歌聲更超越 ASIA 得到的世界的喝采。於1998年,MISIA憑著出道單曲「つつみ込むように…(深情包圍)」在當時的日本樂壇引起了極大的回響,被稱為日本 R&B 音樂的先驅。在那之後發表的首張專輯《Mother Father Brother Sister(父母兄妹都愛聽)》更以新人之姿創下罕見的的300萬張銷售量記錄。

其後推出如「Everything」,「逢いたくていま(再見你一次)」等等的單曲,其不設限於 R&B 的多元曲風更為MISIA奠定其情歌天后的地位。她的實力不僅於日本,在亞洲甚至是世界得到認可。迎接了出道18週年的現在,MISIA 對音樂的熱誠是有增無減的。以世界為舞台,繼續發表各式各樣的作品。

她甚至於2004年時,成為日本首位成功於國內5大巨蛋舉辦巡迴演唱的女歌手。4 年後她以日本為首站,於台灣、上海、新加坡、韓國及香港舉行了亞洲巡迴演唱會。包含從2009年跨越2010年所舉行的長期巡迴演唱累積動員人數達到250萬人,可說是給了日本樂壇一大衝擊也不為過。

2013年至2014年間的15週年紀念巡迴演唱會,在包含台灣、香港等的亞洲地區舉辦了 MISIA 史上首次77場演出。經過各種磨練發表了比以往更震撼的演出,感動了許多的人們。面向出道18周年,MISIA展望能為歌迷繼續呈獻更多醉人的音樂。

CSR活動(公益慈善活動)

在進行音樂活動的同時也積極參與社會貢獻活動。

MISIA 擔任以「音樂與藝術」的力量來進行地球規模的各種問題處理之日本一般財團法人 mudef 理事,在支援非洲兒童以及生物多樣性推廣活動上投入心力。

活動以全球為規模,在 2010 年由聯合國秘書長任命為「生物多樣性公約第十屆締約國大會(COP10)榮譽大使」。
另外,也在2013年的「第五屆東京非洲發展國際會議(TIVAD V)」被任命為榮譽大使。其歌曲「MAWARE MAWARE(feat. Doudou N’diaye Rose)」同時成為該會議之主題曲。

並且,
在2012年的第63屆日本 NHK 紅白歌唱大賽首次登場時,從非洲的奈米比亞納米比沙漠中連線演唱。
於2015年的第66屆日本 NHK 紅白歌唱大賽中,在戰後70週年的節目上於長崎縣和平公園的和平祈禱像前演唱等,
為了兒童的未來與世界的和平積極持續活動中。

MISIA OfficialSite

TwitterFacebookinstagram_misiaLINE 公式アカウントYoutube リズメディアチャンネルinstagram_misia_infoitunes